Just another WordPress site

叶翔について

2015.12.25

叶翔について はコメントを受け付けていません。

叶翔について

一影九拳の弟子でYOMIのリーダーの叶翔ってほんとに男として尊敬してます。

最強の男であると同時に風林寺美羽を一途に愛し、一途につくすところがかっこい。

とくに名言で君が好きだと風林寺美羽に伝えるところが好きだね。
一途さでいったらケンイチよりも一途で好きな人を守るためなら命を犠牲にする。

大切な人を守るためならどんなこともできるという今の日本人にたりないものを持っている。

それは自己犠牲であり、見返りをもとめないこころである。。

一影九拳から秘伝の技をすべて伝承する1なる継承者でもある。

才能にあふれており、実は動物の命も大切にする一面がある。

つまりやさしさと強さの両方を備えた最強の男なのである。。

バックボーンが空手というのがいい。僕も空手をやっていたので共通点を感じるからだ。

空手がいかに強いかということを体現し空手のみならず様々な武術を会得してしまう。

やはり武術というのは一つに固執せず様々なものを学ぶべきだということを僕に教えてくれた。

暗顎衆というさいのうにあふれたものが集うものの集団で一番才能があり、闇にスカウトされた男。

闇にスカウトされて殺人拳を学ぶも鳥一匹を殺せないやさしさがある。。

そのやさしさがあるからケンイチやみうをかばい死んでしまうという悲劇にみまわれた。

叶翔が拳聖からうけついだ技の一つ静動轟一でケンイチの必殺技流水制空圏を破ったときはしびれた。

静動轟一は使ったものの筋肉を破壊するというデメリットがあるが、そのデメリットさえも克服した。

やはり才能があるものはデメリットをどう解決するのかを戦いの中で答えを導きだしてしまう。

九撃一殺は連続技のため威力がよわまってしまうというデメリットがあるのだが。

それを静動轟一という荒業で威力不足を補い九撃一殺の欠点をおぎなってしまった。

人は実践の中でさらなる成長ができるということを僕に教えてくれた一人であった。

叶翔とジュナザード

ジュナザードから才能を認められ弟子よりも優遇された叶翔。

ジェイハンは生まれつき王というだけで才能という観点でみたら。

叶翔君よりもおとってしまうというのが実情である。
才能があるということは人からお知られたことを簡単に自分のものにしてしまう。

才能は努力をうわまわってしまうということを教えてくれた叶翔。

正直才能がある叶翔は日々努力しているわけで才能がある天才が努力したら凡人は勝てない。

ジュナザードは天才であり史上最強であるのだけれどシラットしかまなんでこなかったのが。

本郷先生にまけた原因だと思っている。

シラット最強だと思うがゆえに好きが生まれてしまったから勝負に負け命を落としたのだと。。

勝負というのは残酷で気をぬいたものがやぶれてしまう。

慢心と油断があったから本郷先生にやぶれてしまった。

正直、死に方も叶翔とジュナザードはまったく異なっている。。

叶翔は人を守るために命をおとしてしまったが、それに対しジュナザードは油断と慢心で命を落としてしまった。。

そう考えた場合、叶翔がどれほど人間的暖かいかがよくわかる。。

人は死に際にこそうちに秘めた本性が出やすいからだ。

だから僕はおもうんだ。叶翔は闇ではなく光のほうでいきるべきだったと。

才能があるがゆえに闇でいきてしまったが根本は光で生きる人間。

その自分の中の光と闇で苦しんだのが叶翔なんじゃないのかな。

いかに自分の中の光と闇をどう生かすかどうかも人生ではすごい重要。

闇に生きる人間であっても光があるわけでそれを消すことはできない。

ケンイチという漫画において光のなかでゆれる闇のこころというのが永遠のテーマ。

DofDでみせた叶翔の強さ

古代パンクラチオンチームをそっこうで倒してしまい緊急参加する始末。

DofDにでてくる武道家はエリートがおおいというのに。

そのエリートたちを簡単にほうむりさってしまうあたりが叶翔が天才といわれるゆえん。
ケンイチと叶翔の決勝戦はほんとに男と男の戦いでほんとしびれた。

大切な人をまもるにはどちらがふさわしいかをきめる決勝戦。

どちらもみうを手に入れるために本気で戦う両雄。

ケンイチが初めて流水制空圏を使ったとき

追い詰められたやつがいままで使えなかった技が使えるようになることはよくあることさと叶翔が言って。

自分の技が流水制空圏によりすべてかわされてしまった。

その時に弟子が4流でも君の師匠が1流だということを忘れていたよといった。

正直ケンイチは身長も低いし才能的にはおとっているのかもしれない。

でもさいのうがないからこそ才能があるやつより練習し努力している。

叶翔がケンイチに負けた敗因はケンイチの努力の数を見誤ったことだ。

人間の体というものはトレーニングすればするほど筋肉がつくから。

才能がなくても努力で埋め合わせできるようにできている。

武道というものは弱気ものが強気ものにたいこうするためにうまれたもの。

誰だって武道をやる前は軟弱だし自分が弱いということにきづいている。

最初から強い人なんていないというのがげんじつである。。

だから弱いと自覚しているから武道を始めたケンイチと自分には才能があり強いと慢心している叶翔。

との戦いは両者武道をやる目的も才能も違う2人の戦いだからこそ人はひきつけられる。

才能があるからこそ武道をやる。弱くて自分に自信がないから武道をやる。

弱い奴はぶどうをやるな。才能のあるやつだけ武道をやってろというエゴのぶつかり合いがおいらはケンイチという漫画のみどころだと思っている。

関連記事

スポンサーリンク

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁 内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 アクセス解析について このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 Googleポリシーと規約 今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。 これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『youtuberまとめサイト』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

Amazonアフィリエイト

『youtuberまとめサイト』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。